かとっぽ
     季節の花             
     今咲いている花です。 
 
スイセン(水仙) 
ヒガンバナ科の多年草。
関東〜九州の海岸にはえるが,真の自生ではなく,古く中国から渡ってきたものと考えられている。
黒い外皮に包まれた鱗茎から3〜5枚の扁平な針形,披針形の葉を根生し,その中心から高さ20〜40cmの花茎を伸ばす。
花は11〜3月,径2〜3.5cmで芳香があり,花茎の先に単生または数花が散状につく。
花被は白色で6裂し,中央に黄色のラッパ状あるいは杯状の副冠がある。
ニホンズイセンともいわれる。スイセン属の野生種は約30種あり,おもに地中海沿岸に分布。
古くから観賞用に栽培され,特に19世紀中頃からヨーロッパで盛んに改良された。
園芸品種は豊富で,多くの野生種から交雑されたものであり,
ラッパ・大杯・小杯・八重咲・ジョンキル・房咲・口紅等に大別されるが,品種によって花被,副冠の形や色が異なる。
普通の栽培では早咲種は9月上旬,晩咲(おそざき)種は下旬に定植。
正月の切花用種では夏球根を10℃に冷蔵したのち植え付けて年末に開花させる促成栽培が行われている。
球根は葉が黄変するころ掘り上げ,秋まで乾燥貯蔵する。
 葉の様子
全体の様子