かとっぽ
     季節の花             
     今咲いている花です。 
 
ストロベリーキャンドル (クリムソンクローバー)
ストロベリーキャンドルはヨーロッパから西アジアにかけて自生するマメ科の植物です。春から初夏にかけて、赤い集合花を咲かし、最近では白花の品種も見られます。日本へは明治時代に牧草として入ってきており、 現在は野生化しています。
花房がイチゴやろうそくの炎に似ているのが名前の由来で、花を咲かせるまではクローバーとの見分けがつきません。別名は、赤い花が咲くクローバーという意味合いの、ベニバナツメクサやクリムソンクローバーなどと呼ばれています。
かとっぽは畑のタマネギのコンパニオンプランツ(共生植物)としてタマネギの周りや畝の中に種を蒔いて育てています。
 葉の様子
全体の様子   
ストロベリーキャンドルの花の先にタマネギの葉が見られます。